Concept

コンセプト

日本の木造住宅は、
伝統工法と
技術革新を繰り返しながら
進化し続けています。
そんな中でも、
時代に翻弄されないよう、
堅実な家造りを目指し、
木を生かし、
職人の技術を生かす、
本物で快適、安全な家。
そして、お客様にとっても
長く住みたくなる家を、
提供し続けていきます。

ナチュラル工房の家づくり

Concept

素材

家は生活の場であり、
くつろぎの場でも
あります。
快適で安全に
過ごすためには、
じかに接する素材は
重要なものです。
日本の住まいに
昔から使われてきた
「木・土・紙」は、
自然に受け入れられる
やさしい素材です。

ナチュラル工房の素材

木材

ナチュラル工房の家には、様々な種類の木が使われています。
桧や杉、松、そしてケヤキなどの銘木など数十種類の樹種があります。
これらは倉庫に保管され、ゆっくり自然乾燥され、お客様の家に使われていきます。
特に堅木といわれる銘木たちは、何年もかけじっくりと乾燥させます。
木を大事に的確に扱う事のノウハウは、経験から学んだものです。

●原木からの製材にこだわります

●サン積みによって自然乾燥させることで
木に深い味わいが生まれます

N-BASE良質木材加工場×薪ステーション

中小規模の木材加工場・倉庫・事務所、無料の薪ステーションが4棟建築されています。
木材加工場では弊社自慢の木材を実際に手に触れて匂いや感触を体験できます。
建物や家具に使われる木材がどのように加工され、製品になっていくのかを間近でご覧いただけます。

N-BASE

良質木材加工場×薪ステーション

Traditional skill

技術力

家造りに欠かせないのが、
もちろん職人さんです。
いくら良い材料を
使っていたとしても、
それを生かす技術が無いと
全く無駄と考えたからです。
特に、家造りの要となる
大工を育てることは、
とても大事な事だと
思っています。
礼儀から始まり、身だしなみ、
そして技術と
つながっていくのです。

社員大工の強み

ナチュラル工房の技術力

高断熱

羊毛断熱材ウールブレス

羊毛断熱材ウールブレスは、その名の通り原材料の70%以上がウールです。
ウール繊維が1本1本複雑に絡み合っているのは、体温の発散を留め、
外からの冷たい空気を遮断するために適応したからだといわれています。
このことから、ウールは高い断熱性を保持することができるようになりました。
またウールは、気温と湿度に合わせて体表の水分を調節することができる「調湿性」をもつ唯一無二の繊維です。
そんな羊たちの進化の過程を凝縮して誕生したのが、このウールブレスです。

  • 断熱

    断熱

    ニュージーランド産のウールからできた自然素材の断熱材です。断熱効果が高く、冬の寒さ・夏の暑さから、まもります。

  • 調湿

    調湿

    湿気を吸ったりはいたりしながら、周囲の湿度をコントロールします。カビやダニ・白アリが発生する環境を作らず、家の土台となる構造躯体を内部結露から、まもります。

  • 健康

    健康

    ホルムアルデヒドなどの有害物質を発散、アレルギー発症の抑制やヒートショック対策にも有効な断熱材です。大切な家族の健康を室内環境汚染から、まもります。

  • 省エネ

    省エネ

    ウールブレスで包まれた家なら、光熱費を抑え、家計を助けながら快適に暮らすことができます。

  • 耐久

    耐久

    撥水性も高く水濡れに強い耐久性のある断熱材です。永きにわたり、劣化することなく壁内から家を支えます。

  • 難燃

    難燃

    火温度が570℃~600℃と非常に高い断熱材です。繊維の中に多くの窒素や水分を含んでいるため難燃性・防炎性を示すといわれています。

  • 吸音

    吸音

    日常生活で発生する音を吸収します。赤ちゃんの泣き声やピアノの練習音なども高い吸音性能を発揮します。

超高断熱窓

国内最高基準の断熱性で省エネ効果を発揮。
樹脂と複層ガラスによりハイレベルの断熱性を実現した窓

  • 高い断熱性能

    冬でも部屋が暖かいのは、
    高い断熱性能のおかげ。

    樹脂フレームとLow-E複層ガラスで国内最高レベルの断熱性能を実現しています。

  • お部屋に合わせたガラス選びで、
    断熱と日射熱取得をコントロール。

    2タイプの Low-E 複層ガラスをラインアップ。冬場に太陽の暖かさを取り込みたい南向きの部屋には “日射取得型” のガラス、厳しい西日が差し込む部屋には “日射遮蔽型” といった使い分けができます。

  • お部屋に合わせたガラス選び

    夏の熱気は外からの侵入も防いで
    住まいの快適をキープ

    樹脂窓は、室温を上げる日射熱をブロックします。そのため、室内側のフレームとガラスの温度は、従来の窓のように高温になることもなく、室内温度が快適に保たれるのです。夏の窓辺の表面温度は、窓でこんなにも変わります。

  • ガラスもフレームも冷たくならない。
    住まいの結露をサラリと解決。

    結露を防ぐには、室内の暖かな空気と、窓の表面温度の差を小さくする高い断熱性能が必要となります。樹脂窓なら、室内側のガラスやフレームに触れてもヒヤリとするような冷たさを感じません。

強耐震

強耐震構造

土台、柱、横架材を、強耐震パネルで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、 全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。
面材工法は、壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、 軸組の接合部への力の集中を緩和します。

強耐震構造

強耐震パネルと筋かいの比較

← スクロールでご確認いただけます →

  強耐震パネル 筋かい
気密性等 すき間が少なく、外気を遮断できるため、気密性を高めやすいです すき間からの空気もれあり、気密性がよくありません
断熱材の施工 壁の中に筋かいがないため、断熱材を均一に取付けられ施工性も抜群です 筋かいと断熱材が干渉し、特にタスキ掛けの場合、断熱材を均一に取付けることが困難です
剛性 施工が容易で、施工精度が向上し、高い剛性を保てます 施工精度や性能の差がでやすく、精度が悪いと、特に筋かい両端部がガタつきやすく、剛性が低くなりがちです
方向性 あらゆる方向の力に対し均等に効き、面全体で受け止めるため、力が分散し、一部に負担がかかりにくくなります 圧縮方向、引張方向と強度の発現に方向性があります
粘り強さ 大量の釘が抵抗するため、大きな力がかかっても変形しづらく、粘り強くなります 大きな力がかかると、筋かいが折れたり、外れたりしやすくなります
イメージ
強耐震パネル

力を分散させ、壁面全体で受け止めます

筋かい

引き抜けがおこります

筋かい

筋かいが折れてしまいます

驚異的な耐震性能を実物大住宅モデルで実証!

強耐震パネルを使用した実物大住宅モデルで、過去最大級の地震を再現した地震波を連続5回加振させ、耐震性能を検証しました。倒壊しないだけでなく、木材や金物への損傷もない強固な構造躯体(P∧C-MJ SYSTEM)であることが証明されました。

※再現した地震波は、JMA神戸、JMA川口、BCJ波、JMA神戸110%、JMA神戸の5回実施、震度6強~7、マグニチュード6.8~7.3以上

実物大住宅モデル

(独)防災科学技術研究所(つくば市)にて連続5回 巨大地震波 加振後の実物大住宅モデル

パッシブソーラー工法

パッシブソーラー工法は、外装材との間に適切な通気層を設けることで、内部結露により壁内に生じた湿気をすみやかに屋外に排出させるものです。

強耐震パネルは、透湿抵抗が低く、壁内の湿気をスムーズに排出し、住宅の耐久性を高めます。また、長期間性能を維持させるためには、柱、木材を腐らせない為の壁体内結露対策が重要なポイントになります。

パッシブソーラー工法